WWDC2017の目玉をまとめてみた

毎年この時期と秋に行われるAppleの公式発表会、「WWDC」ですが、2017が早くも6月6日午前2時に開始されました。各OSのアップデート情報から、話題のsiriスピーカーなどが予想されていましたが、今回はその発表の様子と目玉を一気にまとめてみたいと思う。

Mac史上最高スペックのiMac Pro


今回の目玉の一つはiMacの新作についての情報。Mac Book Proなどが高性能化する中、デスクトップ型のiMacが取り残され気味だったことを挙げ、設計を一新すると発表した。その形として新しいiMac Proを発表すると公言した。異次元的数字である最大18コアのXeonプロセッサや最大128GB ECCメモリを搭載、液晶は従来のものに劣らず薄さも強調。最大4TBの3GB/s SSD 、Thunderbolt 3 / USB-C x4ポート、10Gbpsイーサネットも備え、ディスプレイは圧巻の5Kとなる。年内12月の発売で、価格は$4999としている。

また、iMac Proほどではないがプロ仕様のiMacを新たな分類として開発中であることにも触れた。ただその道のりは容易ではないようで、開発は年内では終わらないため、具体的な発表は次年度となりそうだ。

iPad Proは120Hzに進化

iPad Proにも公式に、従来より少し大きめの10.5インチが発表。画質は保ったままでのサイズアップが図られた。また、ディスプレイのリフレッシュスピードが従来の60Hzから倍の120Hzに変更されたとのこと。これによってよりスムースな画面遷移やスクロール、ゲーム画面の表示が可能となる。ただし、静止画の表示などの場合自動的に24Hzまで減衰させることでバッテリーの消費も抑えている。

iOSはついに11(イレブン)へ


iPhoneにも搭載されているOSであるiOSのバージョンが従来の10から11へアップデート。イレブンと呼ばれるこのバージョンでは、apple Payとアプリケーションの連携を強化。Message機能などでapple Payから通貨を送金することができるように。また、Live Photosの機能も強化。新たにライブフォトをキャプチャしたり、動画として編集、ループ再生機能が盛り込まれた。

推していたのがコントロールセンターのデザインの大幅変更である。従来のものよりアイコンが増え、ロック画面のままでも快適な操作が可能になるとしている。世間の反応は少しごちゃついていまったのでは?と辛口のものが目立つ結果となった。

さらに、App Storeのデザインも一新。新たにゲームのショートカットボタンを加え、アプリも新着のものがすぐに見つけられるように。どちらかというと開発者の利益を追求したアップデート内容となっている。

Mac OSはhigh Sierraへ


MacのOSにもマイナーチェンジとは思えない大幅な変更があった。Apple File System 採用、 HRVCコーデック / HEIFフォーマット、グラフィックAPIが Metal から Metal 2にアップデートなど。よりグラフィックの描画スピードがアップしたことで、VR環境との連携を意識したアップデートとなった様子。HTC Vive などのVRヘッドセットに対応し、今後はWindowsに限定されていたVR開発環境がMacでも本格整備されてきたと考えていいだろう。

Siriで操作できるHomePod

Amazon echoに対抗した音声操作が行えるスピーカーがHomePodとして発売されることも明らかになった。空間や場所を自動で認識し、いつでも快適なオーディオ環境が手に入るとしている。マイクアレイを搭載しているため部屋のどこにいても音声操作が可能。スピーカーとしては異例のA8プロセッサも搭載。価格は$349からで、英語のみに対応しているのが現状である。

まとめ

いかがだっただろうか。個人的に今回の目玉だと思った発表を一気にまとめてみたが、予想通りのものも意外なものも発表されました。個人的にはOSのアップデートが一番印象に残ったという感じ。グラフィックよりスピードに重点を置いてきているのかなという内容だった。次回の発表まで時間が空くが、今後も新しい開発を進めていってくれることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です