ビットコインやモナコインも?リアル硬貨の入手方法

暗号通貨、通称では仮想通貨と呼ばれるワードが世間を賑わせていますね。実際に関わったことはない方も、耳にしたことはあるという方は多いのではないでしょうか?

仮想通貨とは??


仮想通貨というのは、名前の通り仮想の通貨のことで、日本円のように実際の世の中の物質として存在するわけではありません。プログラム上に仮想的に存在している通貨なのです。ですがリアルな世界で仮想通貨というものを使った商品の売買ができるようになってきているところも存在します。仮想通貨を使って実際に買い物ができてしまうのです。

仮想通貨には多くの種類があり、一番有名なのは「ビットコイン」ですよね。先日、1ビットコインあたり200万円を突破し、予想外の高騰に世間が湧きました。仮想通貨は実際に目には見えませんが、プログラム上に数字の羅列として確かに存在しています。そして、世界共通で利用できるというメリットもあり、その価値は需要と供給で成り立っています。「ビットコイン」の他にも、「イーサリアム」「ぺぺキャッシュ」「モナコイン」「ライトコイン」など、多くの種類の仮想通貨が存在しています。ビットコインから派生した「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」なども存在し、派生する理由はその取引アルゴリズムをよくしようとする動きと、現状維持しようとする動きが存在するからです。

音楽の方向性の違いで分裂してしまうバンドのようですね。

仮想通貨は需要が増えればその分価値が上がり、需要が全くなくなれば、たとえ何枚保持していようと0円となってしまうのです。


仮想通貨はどうやって入手できるの??

仮想通貨の入手方法は幾つかありますが、大きく分けて2種類と考えてもらっていいと思います。

1.取引所を介して購入する。

一つ目の方法としては、取引所と呼ばれる仮想通貨をやり取りできるサービスを使って購入することです。国内で有名な取引所としては、ビットフライヤー(BitFlyer)やザイフ(Zaif)がありますが、取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類も違いますし、手数料などの違いから購入価格や売却価格も異なります。

どこの取引所でも有名な仮想通貨は取り扱っているので、ビットコインであればどこの取引所でもだいたい購入できると思っていいでしょう。

日本では、仮想通貨は実際に日本円を使って購入できますが、その価値は常に変動しているので、買った後に価値が上がるか下がるかは市場次第ということになるでしょう。ただし、長期的に見れば政府がキャッシュレス化を推し進めることになると考えられるので、今買っておいて損はしないと私は思います。

ちなみにビットフライヤーには以下から登録が可能です。リンクから登録することで、3000円分などの初期特典がつく場合があるので、この機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2.マイニング(採掘)する。

仮想通貨にはマイニングという方法が存在します。採掘という意味を示すマイニングですが、仮想通貨を採掘するというイメージです。仮想通貨は、世の中に流通できる限界量が決まっており、ほとんどの通貨はまだその限界を迎えていません。仮想通貨には造幣局のような場所も存在しないので、誰かがマイニングを行うことで、その流通量が増えていきます。

マイニングを行うには、パソコンが一台あればできますが、採掘場所と呼ばれるサイトに登録し、プログラムを走らせることで、仮想通貨をマイニングすることが可能です。

普通の家庭にあるノートPCでも行うことができますが、かなり負荷がかかる上、採掘できる量は時間あたりにかなり少ないです。電気代の方が高くつくという意見もあるくらいなので相当ですね。ただ、先述したように、仮想通貨は時事刻々とその価値を変動させるので、いずれプラスになることも十分に考えられます。具体的なマイニングの方法はここには述べませんが、興味のある方は調べてみるといいでしょう。

仮想通貨のリアル硬貨って?

ここからがこの記事の本題です。仮想通貨は実際に目に見える形では存在しない硬貨ということを説明してきました。しかし以下のような画像を見たことがある人は多いのではないでしょうか?




上の画像は、真ん中にBと描かれていて、ネット上ではリアルビットコインと呼んでいる人もいるようです。他にもこのような実際に目に見える形で提供されている仮想通貨はあるのでしょうか?またその本質と、入手方法をまとめていきたいと思います。

1.ビットコイン

ビットコインはリアルな通貨として存在しています。それが上のようなもの。先に示した金色のコインは、どうやらビットコイン風のコインで、ヤフオク等でも千円程度で購入できるとのこと。少しイメージが違ったという人もいるかもしれませんが、硬貨の形をした「悟コイン」というものらしく、裏にはビットウォレットというアプリ等で読み取れるQRコードがあるそうです。1枚当たり0.001BTCで、ビットコインを広告するために、2016年の3月〜4月に配布されていたものだという。興味がある人は探してみてはいかがだろうか?

2.イーサリアム

次に有名な仮想通貨として、イーサリアムをあげてみました。ネットで必死に探し回りましたが、上のような画像だけしか見つかりませんでした。こちらもおそらくイーサリアム風のコインで、イーサリアムとしての価値はない模倣コインなのではないかと思います。ネットオークションで販売されているところを見つけられた方はご連絡いただけると幸いです。

3.モナコイン

モナコインは先日の高騰が話題となった、日本発祥の仮想通貨です。実際に2chユーザー間で楽しむために始まったモナコインの投げ銭などの文化はなかなか考えさせられるものがあります。こちらは上のようなキャラクターモナーが刻印されたコインがあるとの情報を得ましたが、やはりこちらも宣伝用に作られたもので、モナコイン同等の価値がある物理コインというわけではなさそうです。

しかし、モナコインを作成し、販売するに至った過程を記した記事を発見したので、リンクを貼っておきます。とても面白く情熱が読み取れると思いますよ。

モナコイン製作過程について

まとめ

いかがだっただろうか?ビットコインは実際に存在しているというのはかなり驚きでした。他の仮想通貨も、ネット上で物理コインの画像をよく見かけていたので、もしやと思いましたが、模倣コインが多いようですね。今後も情報提供お待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です